胸大きく 卒乳

卒乳後胸を大きくするには?

胸を大きくしたい女性

授乳が終わって妊娠前に使っていたブラジャーをつけたらスカスカになっていた。

 

卒乳後、ふと鏡で見た自分のバストにショックを受けた・・・という女性も多いのではないでしょうか。

 

「卒乳したらバストがしぼむからケアをした方がいいよ」と周りから言われていても、まさか自分がという気持ちがあったり、子育てで忙しくてそこまで手が回らなかったりでケアできていない方もいらっしゃると思います。

 

でもしっかりケアしておかないと、この先バストはとても無残なことになってしまいますよ。忙しいかもしれませんが、卒乳したら少しの時間でもいいのでケアを行いましょう。

 

卒乳したらバストが小さくなるのはなぜ?

卒乳後バストがしぼんでしまうのは、バストのサイズが妊娠前より小さくなっていると勘違いしている人も多いようですが、実はそうではありません。

 

妊娠中や授乳中は、女性ホルモンの分泌が活性化し乳腺が発達します。

 

特に母乳を与えている間は、プロラクチンというホルモンのおかげで乳腺は発達した状態に保たれているのです。

 

さらに脂肪も増えるのでバストが大きくなるのです。もちろんそれに合わせて皮膚も伸びます。

 

しかし卒乳するとプロラクチンの分泌が減り、乳腺が活動していない状態になってしまいます。
そのためバストの大きさはすぐに元に戻りますが、伸びた皮は元には戻らずそのままの状態になっています。

 

産後のお腹の状態と同じだと思っていただければわかりやすいかもしれません。

 

バストは元の大きさに戻っただけなのに、妊娠前よりも小さくなったように思えてしまうのはこのせいなのです。

 

また、断乳した場合は卒乳に比べると、急に母乳が作られなくなってしまうため、バストのしぼみも急激になってしまいます。
(卒乳:自然に赤ちゃんから授乳をやめる、欲しがらなくなること 断乳:親が授乳をやめさせること)

 

卒乳・断乳後のバストを大きくするには

卒乳、断乳後のバストを大きくするためには、女性ホルモンを分泌させることが、まずは重要になってきます。

 

女性ホルモンを分泌させるには、生活習慣を見直すことがとても重要です。

 

しかし子育てに追われているお母さんが、生活習慣を正しくする、ストレスを溜めないようにする、ということはとても難しいと思います。
卒乳、断乳できたからといって、子育てが終わるわけではありませんからね。

 

そこで活用したいのがバストアップサプリメントです。
授乳も終わっているので、赤ちゃんの身体に影響が出る心配もありません。
サプリメントなので、身体に合う、合わないはありますが、バストアップサプリメントを飲んで、バストアップ、美肌、さらに体調が良くなった、という女性もたくさんいらっしゃいます。
サプリメント自体に抵抗がなければ、産後の女性ホルモンを整えてくれる効果もあるので、一度飲んでみるのもいいですね。

 

 

バストアップマッサージなどを行って血行を良くすることも大切です。
血行が良くなるとバストアップに必要な栄養素がバストのすみずみにまで行き渡りやすくなります。
またバストマッサージは乳腺も刺激されるので、バストにハリが出る効果も期待できます。
授乳中、授乳後のバストは特にデリケートですので、マッサージを行うときはいつも以上に優しく行うようにしましょう。

 

 

授乳後にも優しいバストアップマッサージの方法

@ デコルテをクルクルと指でさする
まずはデコルテ周辺のリンパの流れを良くしていきます。
マッサージをすることでこのあたりにも脂肪が付きやすくなります。

 

A 脇の下をほぐす
ここにもリンパがありますので、ほぐすようにマッサージをします。
ブラジャーを付けたときにはみ出てしまう脇の肉は、本来はバストの肉です。
ほぐすようにマッサージをした後、後ろから前に流すようにしましょう。

 

B 二の腕の肉もバストに流す
腕を上げ、二の腕の肉を脇の下から流すイメージでバストまで運びます。
腕を上げているのは疲れるかもしれませんが、出来る限り長くさするようにしましょう。

 

C 背中に流れた肉も戻す
卒乳後のバストは通常よりも柔らかいので、背中にも流れやすくなっています。
肩甲骨のあたりからグイッとバストまで肉を持ってくるようなイメージで肉を運んでください。

 

D バスト全体をさすってリラックス
最後は乳腺を刺激するようにさすっていきます。
バスト全体を優しくさするのがポイントです。
そして最後に両バストをギュッと真ん中に寄せ集めるようにすれば、マッサージは終了です。

 

バストアップマッサージは血行が良くなっている、お風呂上りに行うとより効果が出ます。

 

大胸筋をつけて張りを取り戻しましょう!

マッサージを行うことももちろん効果的ですが、大胸筋を付けることでもバストアップの効果はあります。

 

大胸筋はバストを支えている筋肉です。大胸筋を鍛えたり刺激を与えたりすることでバストの下垂を予防し、ハリをアップさせることができます。 引用:垂れた胸(バスト)を治す・戻す方法

 

大胸筋を鍛える簡単なエクササイズは合掌のポーズです。
かなり有名なので聞いたこと、実際に行ったことがある方も多いのではないでしょうか。
ただ本当に手を合わせて合掌のポーズをするだけで、大胸筋が鍛えられてバストアップの効果があるのかどうかと言う疑問を持っていらっしゃる方も多いかもしれません。

 

合掌のポーズをただ何となく行うだけでは、やはり意味がありません。
ポイントやバストアップを意識して行うことが大切なのです。

 

では合掌のポーズの正しい行い方とポイントをご紹介します。

 

バストアップに効果的な合掌のポーズの行い方

@ 背筋を伸ばし、腕の前で手を合わせ合掌のポーズをします。
立ちながらでも座りながらでも、どちらでも構いません。
A 肘を直角に曲げて肩の高さまで上げます。
B ゆっくりと息を吐きながら手のひらを15秒ほど押し合います。
腕や手に力を入れることに集中するのではなく、胸の筋肉を意識して行いましょう。
力が入りにくい場合は、手の間に分厚めの本を挟むと、力が入りやすくなります。
C @〜Bを5回×3セット行います。
一気に行うのが無理な場合は、朝晩などやりやすい時間帯で分けても構いません。

 

終わりに

卒乳や断乳をすると、ほとんどのお母さんのバストはしぼんでしまいます。
卒乳、断乳後のバストは一度しぼんだら元には戻らないと思われがちですが、決してそんなことはありません。
毎日必要なケアを行うことでバストの張りは復活します。

 

子育てや家事に追われて忙しいお母さんも多いと思いますが、少しでもいいので時間を見つけてバストアップケアを行ってみてください。
きっとだんだんとバストが妊娠前の状態に戻って来るに違いありません。

 

ただし授乳後のバストはとてもデリケートな状態ですので、マッサージや筋トレのやりすぎは禁物です。
しぼんだバストを見ると慌ててしまう気持ちはわかりますが、ゆっくりとしたペースで優しくバストケアしてくださいね。

 

バストアップサプリ口コミ!実際に飲んだおすすめランキング